私が感じた「接遇」 / 2011年03月号 Vol.84

(最終回)不満な心理

「不満な心理」を言動、行動で的確に表すことはとても難しい 「疑問と不安」から「不満」へ  日常の中で、ちょっとした「不満」を何かにぶつけてしまった経験がおありではないでしょうか。  満員電車の中で、肘が当たって反対側から

執筆者:加藤 あかね


私が感じた「接遇」 / 2011年02月号 Vol.83

(第35回)不満な心理

患者様の不満な心理に気がつかず接していると、選ばれなくなる!? 受診を待つ患者様の心理  人にはいくつかの要因が重なると、決定的な不満に転じる心理があると言われています。「本当は別のところに不満を感じていたが、いくつかの

執筆者:佐野川谷 有加子


私が感じた「接遇」 / 2011年01月号 Vol.82

(第34回)不安な心理

患者様の不安や緊張を取り除くことが大切 人は心に抱えた不安等を“そのまま”伝えない!?  毎年の定期健康診断で、もう少し詳しい検査が必要な所が判明しました。  医師の「あれっ?」という小さな表情の変化、エコー検査で、にこ

執筆者:石井 久美子


私が感じた「接遇」 / 2010年12月号 Vol.81

(第33回)不安な心理

不安はチームによってこそ、和らげることができる 優しい言葉で分かり易く伝える“思いやり”  人は、誰しも初めてのこと、慣れないことには不安を抱くものではありませんか?  私は、初めての場所で研修を行う時、会場までの行き方

執筆者:菊池 佐惠


私が感じた「接遇」 / 2010年11月号 Vol.80

(第32回)自分がかわいい心理

相手の状況を察し、共感することが大切 人は注意されると自己擁護してしまう  常識、ルール、マナー……不特定多数の人が集まる公共の場所では、気を配らなければならないことが多々あります。ある私鉄車内の出来事です。「こんなとこ

執筆者:宇佐 美佳代


私が感じた「接遇」 / 2010年10月号 Vol.79

(第31回)自分がかわいい心理

携帯電話に関するエピソードから見えること 「注意をされた内容」ではなく「注意の仕方」などに不満  現代社会において「携帯電話」はひとつのライフラインと言えるほど普及し、生活の中では欠かせないアイテムとなりました。先日電車

執筆者:星谷 明美


私が感じた「接遇」 / 2010年09月号 Vol.78

(第30回)優越感を感じたい心理

名前を呼ぶということは、相手のことを尊重する表現の一つ 思いがけない嬉しい言葉  私達の心の中には「優越感を感じたい心理」があります。他の人よりも私のことを一番大事に思ってほしい、扱ってほしいという気持ちです。小さい子供

執筆者:古澤 かおる


私が感じた「接遇」 / 2010年08月号 Vol.77

(第29回)優越感を感じたい心理

患者様やその家族の心までも 「安心感・信頼感・満足感」で満たす奥深い行為 優越感を感じたい心理とは  優越感を感じたい心理とは「自分はリピーターである」ということを会話の中などから気づいてほしいという心理です。  先日、

執筆者:藤村 純子


私が感じた「接遇」 / 2010年07月号 Vol.76

(第28回)独占したい心理

「独占したい」「優先されたい」という心理には、「心の声」が隠れている!? 独り占めしたいとき  お気に入りの人や場所、大好きな物、誰しもそれらを「独り占めしたい」という気持ちに駆られる「時」があります。  「今、俺が話し

執筆者:川上 美佐子


私が感じた「接遇」 / 2010年06月号 Vol.75

(第27回)独占されたい心理

「私の○○さん」という言い方をすることはありませんか? 「独占したい心理」とは?  皆様は、普段何気なく接している人々、ご家族はもちろん多くの方々を「私の○○」というように表現をしていませんか?飛行機に乗れば「私の担当の

執筆者:仲光 由香里


私が感じた「接遇」 / 2010年05月号 Vol.74

(第26回)歓迎されたい心理

患者様を大切に思う気持ちをあらわす アイコンタクトの重要性  誰にでも「歓迎されたい心理」があります。迎える人に対して、心からの歓迎を表現する方法は様々あります。  私は5年ほど前より、眼の神経の病気にかかり治療を受けて

執筆者:廣嶋 京子


私が感じた「接遇」 / 2010年04月号 Vol.73

(第25回)歓迎されたい心理

医療現場は患者様にとっての「非日常」 私の「日常」は「非日常」  誰にも「歓迎されたい心理」があります。これは言葉を換えれば「自分を大切な存在として認めてほしい」「自分を尊重してほしい」という、人としての自然な願望そのも

執筆者:原 美砂子


次ページへ >>