フットケア / 2008年05月号 Vol.50

(最終回)足がないと何も進まない

喫煙者の下肢切断は、非喫煙者の7倍 靴下選びもフットケアのひとつ ──これまで、糖尿病患者のフットケアについて5回の連載を行ってきました。最終回の今号は、これまでお聞きした以外に、どのようなフットケアがあるのかを伺いたい

執筆者:杉田 和枝


フットケア / 2008年04月号 Vol.49

(第5回)その靴あなたの足に合っていますか!?

足に合わない靴を履くと、タコやウオノメ等を悪化させる!? 「たかが靴選び」と思わないこと ──今号では靴選びについて伺いたいと思います。これまで伺ってきたフットケアを行っても靴選びを間違えると、ウオノメやタコ等を再発する

執筆者:杉田 和枝


フットケア / 2008年03月号 Vol.48

(第4回)軽視できない白癬(水虫)、ウオノメ、タコ

白癬の放置やウオノメやタコをひきちぎったり、カミソリ等で切ったりするのは危険 二次感染からの「びらん(ただれ)」や蜂巣炎に注意 ──今号では、糖尿病の方の白癬やウオノメ、タコの予防や治療のお話をお聞きしたいと思います。

執筆者:杉田 和枝


フットケア / 2008年02月号 Vol.47

(第3回)爪切りの失敗が壊疽になることも

巻き爪の場合は、フレスフレーガーの技術で矯正 爪の切り方は「正常な爪」と「変形した爪」の場合では違う ──今回は、糖尿病の方の爪切りについての話をお聞きしたいと思います。まず、貴院で行っている爪切りの方法について教えて頂

執筆者:杉田 和枝


フットケア / 2008年01月号 Vol.46

(第2回)海外のフットケア事情

専門資格がなくても取り組めるフットケア・足浴 ドイツでは、靴職人が足の解剖学等の知識を併せ持つ ──先月号では貴院におけるフットケアの取り組みなどをお聞きしましたが、内外におけるフットケア事情を教えて頂けますでしょうか。

執筆者:杉田 和枝