接遇・マナー / 2008年03月号 Vol.48

(第8回)お客様とともに最高の歓びを創る

小さいことほど丁寧に。当たり前のことほど真剣に 分っていることと、できることは違う ──接遇を心がけるにあたって大切なことは何ですか。 坂部 これまでの7回の連載のなかで、ANAグループが大切にしている想いと医療に携わる

執筆者:坂部 千恵子


接遇・マナー / 2008年02月号 Vol.47

(第7回)SPECIALLTYは「お相手にプロと感じさせる姿」

真のプロフェッショナルの力量とは、「専門知識・技能」+「心構え」+「人間性」!? 仕事を楽しくするのは“ご自分”です。 ──今月はいよいよ最後の6つ目のSである「SPECIALITY」ですね。どのような心がけが大切なのか

執筆者:坂部 千恵子


接遇・マナー / 2008年01月号 Vol.46

(第6回)「STUDY」について

感性のブラシュアップも大切なトレーニング 「キャビンウォッチ」が、日常のトレーニングの場 ──前回は、4つ目のSである「SINCERITY」の大切さについてお話をしていただきました。今回は、どのようにその「心」を磨き学ん

執筆者:坂部 千恵子