海外で活躍する医師たち / 2016年03月号 Vol.132

海外で活躍する医師たち

夢や誇りを持って、医療に従事できるように ベトナムの医療の質の改善に向けて「見通しは明るい」 和田 耕治氏 国際医療協力局 連携協力部・展開支援課  本連載10回目の今号に登場頂いた連携協力部・展開支援課の和田耕治先生は

執筆者:隔月刊ドクターズプラザ編集部


海外で活躍する医師たち / 2016年01月号 Vol.131

女性の医療者を育成する取り組み

女性の健康を守ることは、自分のアイデンティティ 藤田 則子氏 国際医療協力局 運営企画部 保健医療協力課長  本連載9回目の今号は、運営企画部・保健医療協力課長の藤田則子先生に登場いただいた。藤田先生は特に紛争後の国で母

執筆者:隔月刊ドクターズプラザ編集部


海外で活躍する医師たち / 2015年11月号 Vol.130

ミャンマーでのHIV予防の取り組み 〜国立国際医療研究センター〜

生真面目で優秀な人材。今後に期待できる国 野崎 威功真氏 国際医療協力局 運営企画部 保健医療開発課  本連載の第8回目の今号は、運営企画部 保健医療開発課の野崎威功真先生に登場していただいた。野崎先生は、今年3月に、1

執筆者:隔月刊ドクターズプラザ編集部


海外で活躍する医師たち / 2015年09月号 Vol.129

好きなことを突き詰めるのも悪くない 〜国立国際医療研究センター〜

小児科は子どもと家族全体に関わる診療科 木多村 知美氏 国際医療協力局 人材開発部・広報情報課  本連載の第7回目の今号は、人材開発部・広報情報課の木多村知美先生に登場して頂いた。小児科、特に新生児が専門の木多村先生は、

執筆者:隔月刊ドクターズプラザ編集部


海外で活躍する医師たち / 2015年07月号 Vol.128

結核対策は地道な作業 〜国立国際医療研究センター〜

結核対策を効率的に進める「DOTS戦略」 江上 由里子氏 国際医療協力局 運営企画部保健医療協力課  本連載6回目の今号は、運営企画部保健医療協力課の江上由里子先生に登場して頂いた。江上先生はジブチ、ホンジュラス、スイス

執筆者:隔月刊ドクターズプラザ編集部


海外で活躍する医師たち / 2015年05月号 Vol.127

国際保健は応用的、複合的な取組み

ブラジルの「健康なまちづくり」プロジェクトは日本でも参考になる 三好 知明氏 国際医療協力局 人材開発部長 広報情報課長  本連載5回目の今号は、人材開発部長で広報情報課長の三好知明先生に登場して頂いた。三好先生は、19

執筆者:隔月刊ドクターズプラザ編集部


海外で活躍する医師たち / 2015年03月号 Vol.126

途上国の医療の質と安全の確保に協力したい

現地の人が自分たちで課題を解決する姿を目指す 村井 真介氏 国際医療協力局 連携協力部・展開支援課  本連載第4回目の今号は、連携協力部・展開支援課の村井真介先生に登場して頂いた。村井先生は歯科医師というバックグラウンド

執筆者:隔月刊ドクターズプラザ編集部


海外で活躍する医師たち / 2015年01月号 Vol.125

分娩は大きく改善、しかし新生児の死亡率は高い

人材も薬も設備も、働きやすい仕組みも必要 森 朋子氏 独立行政法人国際医療センター 国際医療協力局 人材開発部・研修課  本連載3回目の今号は、人材開発部・研修課の森朋子先生に登場して頂いた。小児科医5年目の森先生は、後

執筆者:隔月刊ドクターズプラザ編集部


海外で活躍する医師たち / 2014年11月号 Vol.124

予防接種は非常に効果の高い感染症対策

費用、地理、人材、文化など、普及には課題がある 蜂矢 正彦氏 国際医療協力局人材開発部・疾病対策グループ  本連載の第2回目の今号は、国際医療協力局 人材開発部・疾病対策グループの蜂矢正彦先生に登場して頂いた。同先生は、

執筆者:隔月刊ドクターズプラザ編集部


海外で活躍する医師たち / 2014年09月号 Vol.123

国際医療協力は、医療だけではない

南米ボリビア。シャーガス病は依然大きな問題 仲佐 保(なかさ たもつ)氏 国際医療協力局国際派遣センター長 国立国際医療研究センター 国際医療協力局 国際派遣センター長。東京生まれ。国際保健医療協力専門家・医師・公衆衛生

執筆者:隔月刊ドクターズプラザ編集部