(第10回) 数学科から医学部に転身

隔月刊ドクターズプラザ編集部

経済的・健康的な豊かさで地域を健康に

笹本浩平さん

笹本浩平さん
京都府立医科大学医学部医学科6年

30歳で医学部に

― 医師になろうと思ったきっかけは何ですか?
笹本 僕はもともと数学を専門とする学科を卒業して、眼科で勤務する機会がありました。その時、患者さんが治って帰られる姿を見て、医師は素晴らしい仕事だなと思いました。それで、医師になりたいと思い、受験モードに気持ちを切り替えて、30歳の時に京都府立医科大学に合格しました。眼科での勤務がターニングポイントだったのだと思います。

― 学生生活はどのように過ごしていますか?
笹本 5年生の時から『大阪どまんなか』という勉強会を大阪大学と共同で開催しています。総合診療勉強会をやろう、それも大阪だけでなく、全国の医学生や研修医さんを集めて勉強会を開催しようと考えました。有名な先生を集めた無料のレクチャーや、ワークショップに参加してもらえるような空間を作る。それで全国の医学生が刺激し合って、より大きなイベントを各地で開催して頂けたら良いなと。そのような空間を作りたいと思って動いています。
 参加者からスタッフを募集し、スタッフも参加者になれる、そのような空間作りを目指しています。『大阪どまんなか』は今まで5回開催していて、全国から1回あたり70人から140人を集める大きなイベントになりました。

― そのようなイベントをやろうと思ったきっかけは?
笹本 何で僕らは府立医大だけで勉強しているのかな、という素朴な疑問からです。全国には医学生が5万人程度いますが、何でこんなにバラバラなんだろうと。いろいろ考えた結果、勉強会があればみんな集まるのではないかと、そういう場を設ければ良いのだと思いました。そういう場があれば友だちができますし、新しい価値観も入ってきます。自分は36歳なので、20歳くらいの若い人の熱い心が欲しいんですよ(笑)。そういうのをもらいに行くために、勉強会を作れば良いじゃないか、と考えました。

― 思い出に残る出会いはありますか?
笹本 例えばIONという看護学生の団体がありますが、あれだけ忙しい看護学生さんでも勉強したい、つながりたいという心を持っているのだということに感動しました。そのような違う分野だけれど同じような考えを持って頑張っている人たちと出会えたことが嬉しかったです。僕が30歳で医学部を受験して、36歳までやってこられたから出会えたと思いますし、もし現役の時、医学部に行っていたら今の仲間に出会わずに普通に過ごしていたのかなと思います。人生っていうのは全部が足し算というか、自分は数学が好きなので、経験と小さな時間を掛けて全部足し合わせると今の自分がある、みたいな、積分のような考え方でいるので、ちょっと12年間違うことをやってきたからこういう出会いができたのかなと思います。


1page | 2page | next >>