(第22回)正月太りを解消させる低GIレシピ

関口 絢子

解説

 新年明けましておめでとうございます!今年もヘルシーレシピ満載でお届けいたしますのでどうぞご活用ください。さて、正月と言えば日頃の疲れも出て、のんびり寝正月になったり、おいしいご馳走をたっぷり頂いて、気が付いたら2〜3kg増量というパターンがとても多い時期ですね。楽しんだ分、ここからはしっかりコンディションをもどして、すっきりとした体で1年をスタートしましょう。そこで今月は低GIの料理です。GI値とはグリセミック・インデックスといって、血糖値をできるだけ緩慢に上昇させ、インシュリンの分泌を抑え、脂肪合成させにくい食事の摂り方を意味しています。食物繊維の多い食べ物や、糖質の低い食べ物が低GI食品ということですが、酢や乳製品、大豆などとの食べ合わせも血糖値の上昇を穏やかにします。バランスのとれた食事であれば問題ありませんが、少し減量を意識するならば、同じ食事でも、糖質の少ないものから食べるなど、工夫してみるのもオススメです。

レシピ