2012年10月号 Vol.103 号

2012年10月号 Vol.103 / 表紙の言葉

輝く笑顔

 今号の表紙に登場して頂いたのはネットボールの川野有花さん(左)と中谷紗恵さんの二人だ。  二人は現在、仕事と学業をこなしながらネットボールの練習に励んでいる。ネットボールは、1890年代にイギリスで …

執筆者:利根川 健介


2012年10月号 Vol.103 / 巻頭インタビュー

ロンドン2012 パラリンピック競技大会を終えて

栄養サポートを通して長い選手生命を維持してもらいたい  障害者アスリートの栄養サポートを担う本部役員として、ロンドン2012パラリンピック競技大会に派遣された東京家政大学ヒューマンライフ支援センター講 …

執筆者:隔月刊ドクターズプラザ編集部


2012年10月号 Vol.103 / 海外活動レポート

(第68回)パプアニューギニア編Ⅱ フィラリア対策

世界リンパ管フィラリア撲滅プログラム フィラリア原虫感染率  私がパプアニューギニアで行った活動は大きく分けて「フィラリア対策」、「マラリア対策」、「HIV/AIDS対策」の三つである。今回は、私のメ …

執筆者:山内 祐人


2012年10月号 Vol.103 / 健康インタビュー

本当の愛情とは社会に適合できるよう、きちんとしつけて育てること

大切な命を預かることの責任とやりがいは心身の健康によって成り立つ 羽鳥 政男氏 プロフィール(埼玉県警察本部嘱託警察犬指導士 ジャパンケネルクラブ・埼玉ブロック代) 昭和22年、埼玉県生まれ。昭和40 …

執筆者:隔月刊ドクターズプラザ編集部


2012年10月号 Vol.103 / 企業最前線

(第2回)株式会社LEOC

〜“ 食の楽しみ”を通じて、人々の幸せと社会貢献の実現を目指す〜 心をこめた手作り感を大切に、楽しく美味しい食事を提供 株式会社LEOC  「企業最前線」の第2回目は、病院や福祉施設、社員食堂などで食 …

執筆者:隔月刊ドクターズプラザ編集部


2012年10月号 Vol.103 / リレーインタビュー

医師の眼差し⑦ : 乳がんは根治できるようになってきている

適切な治療で社会復帰が可能。定期的に検診を 東邦大学医療センター大森病院 乳腺・内分泌外科診療部長緒方秀昭氏 プロフィール 1987年 東邦大学医学部卒業。東邦大学医学部外科学第2講座にて一般消化器外 …

執筆者:隔月刊ドクターズプラザ編集部


2012年10月号 Vol.103 / 微生物・感染症講座

(第22回)肺炎が死因の3位に

肺炎を主とした感染症にも注意 はじめに  1981 (昭和56)年以降、日本人の死因の第1位は、悪性新生物(癌)ですが、第二次世界大戦以前の日本では、結核や肺炎といった感染症が死因の第1位となっていま …

執筆者:内藤 博敬


2012年10月号 Vol.103 / 小黒先生の薬の話Q&A

(第7回)薬の副作用

薬は正しく服用しましょう Q1.薬の副作用にはどんなものがありますか? A1. 医師が薬を処方するときや薬局で薬剤師が薬を選ぶときに、その目的となる薬の効果が主作用です。その反対語となる「副作用」とは …

執筆者:小黒 佳代子


2012年10月号 Vol.103 / 川柳漫語

(第13回)「カワイイ」を考える

「何も何も、小さきものはみなうつくし」 海外で通用する日本語  日本語の「カワイイ」は、今や世界各国で通用する単語になりつつあるようだ。  海外で通じる日本語と言えば、古くは「芸者」「サムライ」「フジ …

執筆者:江畑 哲男


2012年10月号 Vol.103 / 交遊録

(第19回)「羽衣祭り」が終わって

明朝時代の天願按司の役目 宜野湾の夏『カチャーシー大会』  毎年、宜野湾市の夏は『羽衣祭り』で盛り上がる。メインイベントは『カチャーシー大会』である。  そのカチャーシーと宜野湾市のシンボルである森の …

執筆者:天願 勇


2012年10月号 Vol.103 / 女子大生が考えた一品料理レシピ

(第19回)「秋の味覚たっぷり! ホクホクグラタン」「きのこたっぷりパン包みシチュー」

 いまや人工栽培技術が発達し、一年中食べられるきのこですが、野生のきのこは今が旬です。そんな秋を感じられるきのこを使ったレシピをご紹介します。  岩武さんの「秋の味覚たっぷり!ホクホクグラタン」は、3 …

執筆者:東京家政大学ヒューマンライフ支援センター