2014年03月号 Vol.120 号

2014年03月号 Vol.120 / 表紙の言葉

氷上を舞う16人の笑顔

 ソチ冬季オリンピックの日本選手団は、冬季大会としては長野大会に次ぐ2番目のメダル獲得数となった。多くの感動を与えてくれた選手たちに感謝したい。さて、今回の表紙に登場して頂いたのは、東京女子体育大学シ …

執筆者:利根川 健介


2014年03月号 Vol.120 / 巻頭インタビュー

〜 「 おたがいさま」の心で働ける職場を目指して 〜

ワーク・ライフ・バランス推進事業が全国に広がる  公益社団法人日本看護協会の調べによると看護職(保健師、助産師、看護師、准看護師)の職場環境による離職の理由のトップは「勤務時間が長い・超過勤務が多い」 …

執筆者:隔月刊ドクターズプラザ編集部


2014年03月号 Vol.120 / よしこ先生のメンタルヘルス

(第24回)幸せな結婚をしたはずが……。

ADHDの「不注意」「多動性」「衝動性」の特徴に加えて「察しの悪さ」というASDの傾向を合併 衝動的に行動して失敗  A子さんは、昨年の秋に周囲から祝福されて学生時代から6年間付き合ってきたボーイフレ …

執筆者:西松 能子


2014年03月号 Vol.120 / 海外活動レポート

(第85回)パラオ編Ⅰ 〜 患者さんともっと近付くために決意! 〜

東日本大震災を乗りこえて、青年海外協力隊へ参加 両親の姿を見て看護師を目指す  私は、高校生の時、キリスト教の学校に通い“共に生きる”というテーマで平和教育を受ける機会がありました。キリスト教の人類愛 …

執筆者:野池 真理子


2014年03月号 Vol.120 / 企業最前線

(第16回)YKK AP株式会社

〜「窓を考える会社」として、使いやすい商品は使命〜 「安全で快適」が「当たり前」になることを目指して YKK AP株式会社  いま着ている服にファスナーが付いていたら、見て欲しい。「YKK」のロゴが見 …

執筆者:隔月刊ドクターズプラザ編集部


2014年03月号 Vol.120 / 健康インタビュー

技術・体力・気力ともに健康管理も大切!

救助のプロフェッショナルを支えるのは、オレンジの誇りと5人の絆 屋良剛氏(那覇市消防本部西消防署・高度救助隊 消防司令補) 那覇市消防本部 西消防署 高度救助隊 消防司令補 1967年10月24日生ま …

執筆者:隔月刊ドクターズプラザ編集部


2014年03月号 Vol.120 / 微生物・感染症講座

消毒薬が効き難いクロストリジウム属

傷口から入り込む「破傷風菌」に注意! はじめに  東日本大震災から3年の月日が流れました。復興にはまだまだ時間が必要かと思いますが、経験から考え学んだことを後世に伝えていくことも我々の務めでしょう。自 …

執筆者:内藤 博敬


2014年03月号 Vol.120 / 小黒先生の薬の話Q&A

(第24回)お薬手帳/薬局での薬代

お薬手帳は大人の母子手帳 お薬手帳の役割 Q1.薬局でお薬手帳を持っているか聞かれます。いつも同じ薬をもらっているのに、持って行った方がいいのでしょうか? A1. お薬手帳は、ご自身のお薬の記録です。 …

執筆者:小黒 佳代子


2014年03月号 Vol.120 / 地域医療・北海道

(第7回)初心を思い出させてくれた北見での修行

「医者を呼んでくれ!!」と叫びたくなった事も……。 18年前の思い出  雪と氷の屋外で焼き肉パーティーを楽しめる人達は、日本広しといえども、ここにしかいない。-20℃以下に達することも稀ではない極寒の …

執筆者:村上 壮一


2014年03月号 Vol.120 / 町医者日記

(第9回)沖縄より 〜 さよならのカルテから・その8 〜

〜 去りゆく人に最高のおもてなしを 〜 進行乳がんと診断されたS.Kさん(47歳、女性)の最期の希望 沖縄のリゾートホテルで終末期を  老若男女が行き交う海辺のリゾートホテルには、様々な人間模様が交差 …

執筆者:天願 勇


2014年03月号 Vol.120 / 川柳漫語

(第30回)川柳の上達法 その6

個性の感じられる推敲を はじめに  川柳上達法も6回目。推敲のまとめに入ります。  まとめは、「作句の原点」を忘れずに、ということです。 推敲の際にも欠かせない「個性」  その昔、「クリープを入れない …

執筆者:江畑 哲男


2014年03月号 Vol.120 / 女子大生が考えた一品料理レシピ

マクロビ的メニューに挑戦!

 マクロビオティックは日本人が19世紀後半に考案した食療養法をもとに、海外で広まったベジタリアン食の一種です。ベジタリアンと聞くと動物性食品を一切摂らないと思いがちですが、マクロビは基本的に穀物や野菜 …

執筆者:東京家政大学ヒューマンライフ支援センター