2008年02月号 Vol.47 号

2008年02月号 Vol.47 / 表紙の言葉

天使の笑顔

体調が悪くて病院へ行った時に、看護師さんが笑顔で対応してくれるとホッとすることがある。読者の皆さんはそういう経験はないだろうか。笑顔シリーズ第二弾の今回は、看護師になって10数年目の市来祐里恵さんと7 …

執筆者:利根川 健介


2008年02月号 Vol.47 / フットケア

(第3回)爪切りの失敗が壊疽になることも

巻き爪の場合は、フレスフレーガーの技術で矯正 爪の切り方は「正常な爪」と「変形した爪」の場合では違う ──今回は、糖尿病の方の爪切りについての話をお聞きしたいと思います。まず、貴院で行っている爪切りの …

執筆者:杉田 和枝


2008年02月号 Vol.47 / 海外活動レポート

(第14回)ボツワナ編Ⅱ 任国ボツワナのエイズ事情と私の活動内容 ―1年目―

世界エイズデーのメッセージ〜「皆で団結して一緒になってエイズと戦おう!」 2005年10月ボツワナに赴任  35歳の時に、「アフリカで保健医療活動に携わりたい」と看護師になる決心と共に南アフリカを去っ …

執筆者:藤井 千江美


2008年02月号 Vol.47 / がんと向き合って生きる

(第4回)乳がんという養子を迎えて

がんが勧めてくれた自己主張 治療それから  再発の治療は、手術と抗がん剤治療でした。抗がん剤治療は4ヵ月間受けました。私の場合副作用がかなり強く出て、弱ってしまった自分自身を見て「がんではなく副作用で …

執筆者:若菜 真樹子


2008年02月号 Vol.47 / がんと向き合って生きる

(第4回)-日本のがん医療事情解説- コントロールできるがんは早期発見を

異変の察知、検診と予防  がん予防には食生活の改善や禁煙、定期的な適度の運動などが大切だが、医学が進歩してコントロールできるようになった早期がんは、早く見つけて除去する(標準治療を行う)ことが有効であ …

執筆者:小野 洋子


2008年02月号 Vol.47 / 接遇・マナー

(第7回)SPECIALLTYは「お相手にプロと感じさせる姿」

真のプロフェッショナルの力量とは、「専門知識・技能」+「心構え」+「人間性」!? 仕事を楽しくするのは“ご自分”です。 ──今月はいよいよ最後の6つ目のSである「SPECIALITY」ですね。どのよう …

執筆者:坂部 千恵子


2008年02月号 Vol.47 / 『医療者・組織人・人間の本分』 について

(第16回)ヒーローの素顔 1

仁侠映画に出てくる高倉健さんのよう!? 出会い  日本経済新聞の青木昌彦氏(スタンフォード大学名誉教授)の「私の履歴書」(2007年10月24日・朝刊)の見出しに「Kと最期の別れ」と書かれた写真を見た …

執筆者:天願 勇