2011年05月号 Vol.86 号

2011年05月号 Vol.86 / 表紙の言葉

沖縄美人の“熱い微笑み”

 沖縄と言えば青い空と青い海。いやいや暑い(熱い)ということかな。そんなことを考え沖縄へ向かった。しかし、まだ初春の沖縄の陽射しは柔らかく過ごしやすい気候だった。  さて、沖縄初の表紙撮影に協力して頂 …

執筆者:隔月刊ドクターズプラザ編集部


2011年05月号 Vol.86 / 依存症

(第1回) 依存症の正しい知識

アルコール依存症は日本国内で推定約200万人!身近に潜む様々な依存症・・・・・。あなたは大丈夫?  これまで依存症と言えばアルコールや薬物、タバコ(ニコチン)、ギャンブルを思い浮かべた人が多かったので …

執筆者:西松 能子


2011年05月号 Vol.86 / 健康インタビュー

(第2回)立花龍司さん〜健康は自分でつかむ、体は自分でデザインするという意識を。〜

メジャーでは、さぼりたいやつは勝手にさぼればいい。成績が落ちれば本人が表舞台にいられなくなるだけ。 立花龍司さんプロフィール 浪商、大商大で野球部の投手を務める。その後天理大学体育学部でスポーツ医学を …

執筆者:隔月刊ドクターズプラザ編集部


2011年05月号 Vol.86 / 技術屋のおもてなし

(第2回)「 素敵な先輩」と「魅力的な技」

「道」に沿った話……。それは「説得力」が求められる今こそ、大きな教訓 QC活動からプレゼン能力へ  「技術屋のオモテなし?」。「それじゃぁ……技術屋は裏ばっかりだっていうわけ?」などと、憎まれ口を言い …

執筆者:和田 重恭


2011年05月号 Vol.86 / 海外活動レポート

(第52回)ネパール編Ⅰ HIV感染者による感染者のための活動

約64,000人のHIV感染者。年間の死亡数は約4,700人 ネパールへ  飛行機の中から見た首都カトマンドゥは相変わらず赤茶けていて、そしてくすんでいた。9年前に観光でネパールを訪れて以来、またこの …

執筆者:秋山 和代


2011年05月号 Vol.86 / 微生物・感染症講座

(第6回)現代の感染症。3つのキーワード

微生物は自由に世界を渡り歩き、行く先々で手頃な宿主を見つける 新興・再興感染症  現代の感染症は、「新興・再興感染症」、「国境なき感染症」、「人獣共通感染症」といった3つのキーワードを通して語られます …

執筆者:内藤 博敬


2011年05月号 Vol.86 / かほる先生のお尻の話

(第2回)いぼ痔は『内痔核』と『外痔核』の二つに分けられる

肛門は心臓より低い位置にあるため、血行が悪くなりやすい 内痔核は症状の進行の度合いにより4段階に分けられる  先月号の第1回目では“痔”の全般的なお話をさせていただきました。  今回は痔の中でも最も多 …

執筆者:草間 香


2011年05月号 Vol.86 / 薬の話

(第2回)震災から学ぶ、医薬品供給システムと薬剤師の役割

震災の医薬品供給不足を踏まえ、代替品のシェア拡大も危機管理の一つ 復興に向けて見えてきた問題  東日本大震災より1ヵ月余りが過ぎました。死者、行方不明者を併せて2万人以上というこれまでにない規模の震災 …

執筆者:小黒 佳代子


2011年05月号 Vol.86 / 交遊録

(第2回)N社長と40年ぶりの再会

『老衰』を病気と捉え、余命を精一杯楽しんで幸福度向上を目指す 婦唱夫随のおしどり夫婦  “ひかり工房”の女性社長(91歳)宛に“在宅ケアのコツ”を郵送した。1週間後、長女から次のようなメールがきた。「 …

執筆者:天願 勇


2011年05月号 Vol.86 / 女子大生が考えた一品料理レシピ

(第2回)「シャキシャキふわふわ塩こんぶ炒め」「長いも&かぼちゃのシンプルおやき」

 今回ご紹介するレシピは初夏に向けて、これから旬を迎える“さやいんげん”と“かぼちゃ”を使ったレシピです。  さやいんげんは野菜と豆の特性を併せ持ち、緑黄色野菜に分類されます。カロテンやビタミンCが豊 …

執筆者:東京家政大学ヒューマンライフ支援センター