情報信頼性評価制度

情報信頼性評価制度

情報信頼性評価制度は、公正な情報開示のもと安心して使用できる商品を認定します。

厚生労働省の特定保健用食品(トクホ)や国際的なISO認証など、あらゆる商品に第三者機関の認定を求める声が広がっています。消費者は商品購入する際、多くの情報の中から「買う/買わない」を判断しなければなりません。商品のラベルやパッケージに表示されている情報もその一つです。情報信頼性評価制度は、商品表示が適正なものであることを評価・認定することで消費者の購買の判断を助け、商品価値を高めるサポートをします。

情報信頼性評価制度 認定商品一覧

情報信頼性評価制度とは

情報信頼性評価制度は、特定非営利活動法人 日本医学交流協会医療団が行う「健康」「福祉」「介護」「環境」「美容」分野の商品を評価・認定する制度です。

この制度は、適正な商品表示を推進し、消費者の信頼を高め、社会貢献を行うことを目的としています。

認定を申請された製品は、特定非営利活動法人 日本医学交流協会医療団の「公開情報信頼性審査委員会」が審査を行い、商品情報が真正なものかどうかを評価・認定します。認定された商品は、当WEBサイト上で公開され、認定マークを商品のラベルやパッケージ等で使用することができます。

※ 当認定制度は、商品の提供者が明確な根拠に基づく情報を開示していることを認定するもので、商品の効果・効能を保証するものではありません。

メリット

認定を受けることで次のメリットがあります。

情報信頼性評価制度の認定マークと指定文言
  1. 対象商品への信頼度の向上になります。
  2. 企業のイメージアップになります。
  3. 認定マークを商品のパッケージやラベルに使用できます。
  4. 認定マークをパンフレット等に使用できます。
  5. 指定文章を使用できます。

認定の対象

健康・福祉・介護・環境・美容に関する商品

  1. 健康・美容製品 ・・・・・ 例: 器具 / 商品 / 化粧品 など
  2. 介護用具・用品 ・・・・・ 例: オムツ / 手すり / 車椅子 など
  3. 環境改善用品 ・・・・・ 例: 浄水器 / 空気清浄機 など

当認定制度の規約・規定

情報信頼性評価制度 規約(PDF)

費用に関する規定(PDF)

※当認定制度の評価・認定の流れについては、以下のページをご覧ください。

情報信頼性評価制度:評価・認定の流れ