栄養素一覧

ビタミン

ビタミンA
脂溶性ビタミンのひとつで、(魚の)肝油、卵黄、バター、クリームなど乳類に多く含まれ …
ビタミンD
脂溶性ビタミンのひとつで、多くはビタミンAを共存している。主に、油脂、バター、牛・ …
ビタミンE
脂溶性ビタミンの1つで、植物性油脂、小麦胚芽、野菜(特に葉野菜)、卵黄、マーガリン …
ビタミンK
脂溶性ビタミンの1つ。ビタミンKはビタミンK1(フィロキノン)とビタミンK2(メナ …
ビタミンB1
水溶性のビタミンB複合体の一つ。正常な発育、生殖作用をふくめ、人間の生活に不可欠な …
ビタミンB2
水溶性ビタミンB複合体の一つ。発育ビタミンとも呼ばれるほど欠かすことのできないビタ …
ナイアシン
水溶性ビタミンの一つ。主にレバー、乾燥酵母、肉や魚、豆類に多く含まれている。
ビタミンB6
水溶性ビタミンB複合体の一つ。米ぬか、乾燥酵母、そば粉、豆類、レバー、豚肉、魚(特 …
葉酸
ビタミンB複合体の一つ。造血作用に大きく関与している。新鮮な緑葉野菜(ほうれん草な …
ビタミンB12
水溶性ビタミンB複合体の一つ。血液の生成に不可欠なため「赤いビタミン」とも呼ばれ、 …
ビオチン
水溶性ビタミンの一つ。いろいろな食品に含まれるが、特にレバー、卵黄、酵母、カリフラ …
パントテン酸
ビタミンB複合体の一つ。主に、動物性食品に多く含まれており、特に、酵母、レバー、大 …
ビタミンC
水溶性ビタミンで酸化作用を受ける(抗酸化性)。また、アルカリ性の環境や熱に弱い。体 …
コリン
ビタミンB2複合体の一つ。卵黄・レバー・コムギ胚芽・大豆・酵母などに多く含まれる。 …

ミネラル

カルシウム
人間の体重(成人)の約1%〜2%前後をカルシウムが占めており、そのほとんどの99% …
人体内に体重1kgあたり70mgぐらいの割合で含まれている。その内の約70%は血液 …
リン
カルシウムについで体内に含まれる量が多い。また、リンがなければ生命維持は絶対にでき …
マグネシウム
人体で7番目に多いミネラル。体内のマグネシウムの約60%は骨に含まれている。緑色葉 …
ナトリウム
生命維持に必要不可欠な物質の一つ。細胞外液の主な陽イオンであり、人体の体液中に約0 …
カリウム
生命維持に必要不可欠の物質。細胞内の陽イオン電解質。カリウムは、エネルギー代謝、細 …
酵素の構成成分のひとつで、特に幼児の成長に不可欠といわれている。主に、肉、牡蠣、豆 …
ヨウ素(ヨード)
海草や魚類を常食としている日本人にはほとんど不足が見られない栄養素といわれる。甲状 …
マンガン
生物にとって必要な物質の一つ。体内には少量しか存在しないが、肝臓に関する重要な構成 …
セレン
抗酸化物質(酵素)の合成に必要な、必須栄養素のひとつ。肉や魚などの動物性食品に比較 …
亜鉛
酵素の生成に決定的役割を果たす微量ミネラルの一つ。体内では毛髪、肝臓、腎臓などの新 …
モリブデン
たんぱく質の構成に関与。乳製品(ミルク)や穀物(豆、パン、シリアル)などに多く含ま …

その他

EPA
魚肉の油(流動性)に含まれる不飽和脂肪酸の仲間。
カゼイン
牛乳のたんぱく質の約8割を占める。
カプサイシン
機能成分と言われるものの一つ。カラシに含まれている辛味成分。
ギムネマ酸
インド原産のガガイモ科のつる性植物。従来、 糖尿、強壮に影響を与えるハーブとしてイ …
グリチルリチン酸
豆科の植物、甘草の根を乾燥したもので主成分トリテルペン配糖体に含有されている。
コラーゲン
高たんぱく質の一つ。おもに皮膚、骨、腱などに多く含まれている。また、含まれている場 …
コンドロイチン硫酸
動物の軟骨から発見された粘性物質。体内ではたんぱく質と結合し、主に皮膚、間接、血管 …
タウリン
含硫アミノ酸。人体では心筋、筋肉、脾臓、脳、肺、骨髄に存在している。サザエ、トコブ …
DHA
マグロやカツオなどの魚油に含まれる脂肪酸。体内では、脳細胞ニューロンの突起の先端 …
ルチン
性質がビタミンCととてもよく似ている。水溶性。日本そばやトマトに多く含まれる。
レクチン
細胞膜表面の糖たんぱく質や糖脂質と特異的に結合することができるたんぱく質。インゲン …
レシチン
リン脂質の一つ。細胞膜を形成するのに必要。大豆の絞り粕などに多く含まれている。