script type="text/javascript" src="../../../common/js/jquery-1.11.0.js">

ストレッチの前に>

実際に「ゆるのびストレッチ」を行う際は、次の点に気をつけましょう。 より効果的に行うためにも、思わぬ怪我を避けるためにも、ストレッチングを始める前にしっかりとポイントを抑えておきましょう。

リラックスして行いましょう

ストレッチングは、リラックスした状態で行います。からだを締め付けない、動きやすい服装で行います。 服装がきついと正しいストレッチングの効果が得られない場合もあります。また、不安定な場所や床が平らでない場所で行うことは危険です。 周囲に障害物がないことを確かめて、よりリラックスできる環境でストレッチングを行いましょう。

からだを温めてから行いましょう

からだが冷えていると筋肉は伸びにくくなり、無理に行うと怪我をする恐れがあります。お風呂あがりに行うことが理想ですが、 軽くウォーキングなどで筋肉の温度を上げてからストレッチングを行いましょう。

反動をつけずにゆっくり伸ばしましょう

反動や弾みをつけると筋肉に余計な負担がかかり、筋肉や腱を傷める恐れがあります。伸ばす部位を意識しながらゆっくりと伸ばします。

無理をせず、痛みを感じる手前で止める

痛みを感じてしまってはストレッチングの意味がありません。また、何事もやりすぎはいけません。傷めた部位を伸ばすのも、 筋肉や腱を傷めることになり逆効果になってしまいます。自分が気持ちよいと感じるところで止めましょう。無理やり伸ばさなくても効果は十分あります。 また、ストレッチによって痛みなどが生じた場合は、必ず医師にご相談ください。

呼吸は止めません

呼吸を止めてしまうと筋肉も緊張してしまいます。慣れないうちは伸ばすことに集中するあまり呼吸を忘れてしまいがちですが、 ストレッチングは心身をリラックスさせるものです。普段と同じような呼吸、またはすこしゆっくりとした呼吸を心がけましょう。

全身的に行いましょう

からだの動作は筋肉の伸縮によって起こります。からだの片側の筋肉が収縮すると、 反対側の筋肉が伸展するという仕組みです。たとえば、脚の前面の筋肉が伸びる時は、同時に脚の後面の筋肉が緩むといった具合です。 そのため、ストレッチを行う際はからだの両側の筋肉を伸ばすように、全身的に行うように心がけましょう。

毎日続けましょう

一度ストレッチングをすれば筋肉がずっと柔らかくなるわけではありません。 再び筋肉を酷使したり、からだを動かさずにいれば筋肉は固くなってしまします。1日に数分でも毎日持続することが大切です。