ゆるのびストレッチとは

ウエルネス(Wellness)の基礎とされている「栄養・運動・休養の調和」を意識し、「ポジティブな休養」として「ゆるのびストレッチ」を位置付けました。

DRPウエルネス構想

ゆるのびストレッチの目的

 「ゆるのびストレッチ」は、日頃からだを動かす機会の少ない現代人の抱えるからだの不調、ストレスを念頭に置き、 スタティックストレッチング(静的ストレッチング)で、体に負担をかけずに体の緊張をほぐし、 積極的に、そして、心地よく刺激し、心身ともにリラックスさせることを目的としています。
 「ゆるのびストレッチ」は12種目のストレッチングで構成されており、首から足先まで全身をくまなく伸ばすことができます。 また、「ゆるのびストレッチ」は、座った状態から始め、横になって終わります。横になってストレッチングを終えることで、 よりリラックスした状態で動作を終えることができるようになっています。積極的に、より良い休息を「ゆるのびストレッチ」からはじめましょう。
 また「ゆるのびストレッチ」に加え、肩や腰などのストレッチングを各々で追加して行っても良いでしょう。 「座って」「立って」「横になって」のそれぞれの部位のストレッチングも紹介しています。一番リラックスできる姿勢を選んで行いましょう。