篤志医療支援事業

日本医学交流協会医療団は、非営利活動法人として日本国内のみならず、世界各国におけるボランティア医療(篤志医療)を支援しています。また当団体では、皆様からの募金も受け付けております。詳しくは「お問い合わせ」よりお問い合わせ下さい。

事業運営の骨格

  • 広く社会に呼びかけて寄付を募り、ボランティア医療を行っている個人や団体に寄付します。
  • お預かりした寄付金は当団体の運営会計から切り離し、全額をボランティア医療に対する助成金として寄付します。
  • 公正に助成先を選定するため、助成先選定会を結成し、助成先を公開します。

支援の対象

  • ボランティアで診療や健康指導を行っている医師や歯科医師
  • ボランティアで医療相談を行っている看護師
  • 患者に対する支援を行っているボランティアの方
  • 医学の研究や開発などをボランティアの立場で行っている方
  • ボランティアで医療情報を公開、提供している方

これまでの支援先

第1回 2003年12月25日
中国北京市 SARSに侵された医師へ支援
第2回 2004年11月24日
ミャンマー国ヤンゴン市 ユニセフへ支援
第3回 2005年11月21日
ミャンマー国ヤンゴン市 Dr.Hoi Sangへ支援
第4回 2006年10月10日
中国吉林省龍井市衛生局(人民病院)へ支援
第5回 2007年4月25日
米国UCLA歯学部准教授へ支援
第6回 2008年12月2日
中国石嘴山市孤児障害者保護センターへ支援
第7回 2009年8月15日
台湾を襲った台風8号の被害に対し、台北東海ロータリーを通じて支援
第8回 2010年11月20日
ミャンマー連邦国内で眼科医療支援活動等、医療ボランティア協力を行っているNPO法人日本ミャンマー交流協会ヤンゴン事務所に対して支援
第9回 2011年9月13日
日本赤十字社を通じ、東日本大震災義援金として支援
第10回 2012年11月8日
日本赤十字社を通じ、東日本大震災義援金として支援
第11回 2013年11月8日
台風30号の直撃により甚大な被害を受けたフィリピンに対し、日本赤十字社を通じて支援
第12回 2014年11月6日
西アフリカのギニアにおけるエボラ出血熱患者の救援活動に対し、日本赤十字社を通じて支援